住宅保証機構株式会社と日本リビング保証株式会社の共同サービス「まもりすまい ロングサポートシステム」サービス提供開始

住宅瑕疵担保責任保険法人である住宅保証機構株式会社(本社:東京都港区/代表:能登義春/以下 住宅保証機構)と住宅総合アフターメンテナンス事業を展開する日本リビング保証株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:安達慶高/以下 日本リビング保証)は共同で開発した住宅事業者向け新サービス「まもりすまい ロングサポートシステム」を7月1日より提供開始します。

■「まもりすまい ロングサポートシステム」のコンセプト

「住宅価値の維持」と「ストック住宅ビジネスの拡大」を支援

将来必要な「住まいのメンテナンス等の費用」を、業界初※の住宅専用電子マネー(おうちポイント、おうちク-ポン)で蓄積することにより、住まいのメンテナンス等の確実な実施をサポートし、居住者の大切な資産である「住宅の価値の維持」と住宅事業者の「ストック住宅ビジネスの拡大」を支援します。
※2017年6月 日本リビング保証(株)調べ

詳細な内容は以下のPDFをご覧ください。
https://www.jlw.jp/wp-content/uploads/2017/06/2b667e9d6022004043afdecee836b85b.pdf